日時:5月21日(土)13:30~15:45
場所:焼肉屋いちなん3階
   京都市左京区一乗寺北大丸町51


ゲスト:森阪匡通(もりさか ただみち)さん (京都大学野生動物研究センター)
http://www.wrc.kyoto-u.ac.jp/members/morisaka.html

参加者:15人


イルカは、自分のまわりのようすを探索したり、なかまとコミュニケーションをするために、視覚だけでなく聴覚をよく使います。

水中を泳ぐとき、自分で音波または超音波を出して、それがなにかに当たってはねかえってくる音をきいて、まわりの環境を認識します。

これをエコーロケーション(反響定位)といいます。
(コウモリなどもこれを行ないます)

また、イルカは、特定の周波数とパターンの音波/超音波を、コミュニケーションにも使います。

ゲストの森阪さんは、これらの音を実際にきかせてくださいました。

超音波は人間の耳にはきこえないので、周波数を低くしてきかせてくださいましたが、
それは、なにか他の動物(たとえばゾウ)の鳴き声のようにきこえました。

イルカの耳には、超音波がそのような声にきこえているのでしょうか。

イルカは人気のある動物のせいか、その行動や生態について、参加者からさまざまな質問が出ました。(AM)



いつものように一乗寺の焼肉屋さん(いちなん)の3階で、
コーヒーやクッキーやらを食べながら15人が集まりました。

イルカの子殺しネタにはちょっと暗いムードも漂いました。

==== 個人的な感想 ====

1聴覚の世界の違い
 イルカの聴力の範囲は、人間よりはるかに広く、
 シャチよりも広い。そもそも音速さえ空中とは異なる。
 若者よけモスキート音が大人に聞こえないように
 若者の通信に使われたように、イルカもこの
 音域差を利用している。すごい!

2イルカ語辞典失敗
 1970年代に取り組まれていたイルカ語辞典の編纂には
 失敗した模様。イルカは思われているほどは言語コミュを
 していなさそう。

3哺乳類なのに陸揚げしたら死んじゃう
 皮下脂肪の厚さや、太陽光に耐えられない、自重に耐え切れない、
 などが原因で、早ければ1時間ほどで死ぬそうな。

4子供の教育係はいない
 子供の教育係として閉経後のメスなどがいる動物は、人や象など
 わずからしい。シャチはその稀有な動物だけれど、イルカは、
 マネぶモードなんだって。

5そもそもクジラとの違いは大きさのみ
 4m以内がイルカでそれ以上はクジラという実にアバウトな分類。

(せき)

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。