第3回 「イルカの世界は音の世界〜イルカの音を聞こう!」



日時:5月21日(土)13:30~15:45
場所:焼肉屋いちなん3階
   京都市左京区一乗寺北大丸町51


ゲスト:森阪匡通(もりさか ただみち)さん (京都大学野生動物研究センター)
http://www.wrc.kyoto-u.ac.jp/members/morisaka.html

参加者:15人


イルカは、自分のまわりのようすを探索したり、なかまとコミュニケーションをするために、視覚だけでなく聴覚をよく使います。

水中を泳ぐとき、自分で音波または超音波を出して、それがなにかに当たってはねかえってくる音をきいて、まわりの環境を認識します。

これをエコーロケーション(反響定位)といいます。
(コウモリなどもこれを行ないます)

また、イルカは、特定の周波数とパターンの音波/超音波を、コミュニケーションにも使います。

ゲストの森阪さんは、これらの音を実際にきかせてくださいました。

超音波は人間の耳にはきこえないので、周波数を低くしてきかせてくださいましたが、
それは、なにか他の動物(たとえばゾウ)の鳴き声のようにきこえました。

イルカの耳には、超音波がそのような声にきこえているのでしょうか。

イルカは人気のある動物のせいか、その行動や生態について、参加者からさまざまな質問が出ました。(AM)



いつものように一乗寺の焼肉屋さん(いちなん)の3階で、
コーヒーやクッキーやらを食べながら15人が集まりました。

イルカの子殺しネタにはちょっと暗いムードも漂いました。

==== 個人的な感想 ====

1聴覚の世界の違い
 イルカの聴力の範囲は、人間よりはるかに広く、
 シャチよりも広い。そもそも音速さえ空中とは異なる。
 若者よけモスキート音が大人に聞こえないように
 若者の通信に使われたように、イルカもこの
 音域差を利用している。すごい!

2イルカ語辞典失敗
 1970年代に取り組まれていたイルカ語辞典の編纂には
 失敗した模様。イルカは思われているほどは言語コミュを
 していなさそう。

3哺乳類なのに陸揚げしたら死んじゃう
 皮下脂肪の厚さや、太陽光に耐えられない、自重に耐え切れない、
 などが原因で、早ければ1時間ほどで死ぬそうな。

4子供の教育係はいない
 子供の教育係として閉経後のメスなどがいる動物は、人や象など
 わずからしい。シャチはその稀有な動物だけれど、イルカは、
 マネぶモードなんだって。

5そもそもクジラとの違いは大きさのみ
 4m以内がイルカでそれ以上はクジラという実にアバウトな分類。

(せき)

続きを読む

第2回 「多様なヘビの世界〜「これは毒ヘビですか?」の質問に答えるのは難しい〜」



日時:4月23日(土)13:30~16:00
場所:焼肉屋いちなん3階
   京都市左京区一乗寺北大丸町51


ゲスト:森 哲(もり あきら)さん(京都大学大学院理学研究科)

http://gcoe.biol.sci.kyoto-u.ac.jp/gcoe/jpn/member/2008/01/mori_akira.php

参加者:16名


「毒」という特定の物質があるのではなく、ある物質が量によって毒になること、
(医薬品も同じですね)

「毒ヘビ」と分類されるヘビは、そのような物質を作って分泌するわけですが、

その使い方によって、「毒ヘビ」に2つのタイプがあること、

つまり、「食べる前に毒を注入して獲物を弱らせて動けなくしてから、弱った動物をおもむろに食べる」タイプと、

「獲物に噛み付いて口のなかに入れてから、毒を出して弱らせながら食べる」タイプ

があること、

を中心に、臨場観のある映像とともに、ゲストの森さんに話題提供をしていただきました。

「ヘビはアゴがはずれるので、大きな獲物を食べられる」

という「俗言」が誤りであることなど、

「ヘビの基礎知識」もたっぷり提供してくださいました。(AM)


様々なヘビの映像と共に語られる話題は、
ヘビに対する偏見をなくしてくれました。
ヘビって面白いですね。

参加者の中には、ヘビ神社関係の方やイノシシ狩り専門家(?)
もおられて、様々な質問が飛び交いました。


第1回 「となりのボノボ〜人類にもっとも近い類人猿」




日時:2011年2月26日(土)14:00~16:00
場所:焼肉屋いちなん3階
   京都市左京区一乗寺北大丸町51



ゲスト:伊谷 原一(いたに げんいち)さん (京都大学野生動物研究センター)
    http://www.wrc.kyoto-u.ac.jp/members/idani.html
参加者:12名


「語ろう!どうぶつ」、記念すべき第1回は

ゲストの伊谷 原一さんに

ボノボに関する話題提供をしていただきました。


ボノボは、人間に最も近い類人猿。
かつてピグミーチンパンジーとよばれた動物です。

現在、アフリカのコンゴ民主共和国だけに生息する絶滅危惧種で、日本では動物園でも飼育されていないため、なじみが薄いかもしれません。

ゲストの伊谷原一さんら日本人研究者が長期研究を行っているほか、

アメリカには飼育下のボノボを研究している研究者たちがいます。

チンパンジーと近い動物ではありますが、その行動はかなり異なります。

あまり喧嘩をしないことは大きな特徴だそうです。

また、人間に近い性行動(動物のなかでは珍しい)をしたり、飼育下では「スパゲッティをゆでる」など、サルとは思われない?行動もするそうです。

もちろん、野生で生活するボノボがアフリカの森のなかでスパゲッティをゆでるはずはありません。

しかし、類人猿などの動物は、人間が飼育している間に、なにかのきっかけで、野生状態ではしていなかった行動をするようになることがあります。

つまり、潜在的にその能力をもっているけれども、ふだんはそれを使わずに生活している、ということでしょうか。

人間に近い動物とあって、参加者からは進化の問題など、さまざま質問が出されました。
話題は尽きません。(AM)



記事検索
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ